真夏の沖縄旅行の注意点

真夏の沖縄旅行の注意点

真夏の沖縄旅行の注意点

 

 

真夏の沖縄旅行には、いくつか注意することがあります。特に、海辺でリゾートを楽しみたい人は、日焼けのし過ぎや熱中症、脱水症状などに注意が必要です。沖縄は、夏に美しいビーチやホテルでリゾートをするための旅行客が増えます。

 

せっかく沖縄に来たのだから日焼けをしたい、ビーチで寝そべって優雅に過ごしたい、日中屋外でたくさん遊びたい、など思う気持ちはよくわかりますが、日焼けや熱中症などの対策もしておかないと、せっかくの旅行が台無しになることもあるので気をつけましょう。

 

沖縄の紫外線は、東京と比べてもその強さは倍近くあるといわれています。曇りの日でも、紫外線対策が必要です。日焼け止めやオイルなどを塗らずに肌を屋外にさらしていると、すぐにやけどの状態になってしまい、病院へ行かなければならないようなひどい目にあうこともあります。日焼けがしたいという人は、UV対応の日焼け用オイルなどをこまめにぬるようにしましょう。

 

また、外で寝そべるなどしたいときは、長時間屋外に肌をさらし続けるのはやめ、日光が一番照りつける正午前後もさけるようにしましょう。日焼けしたくないという人は、真夏の日中はさけて朝や夕方にビーチに出て泳ぐことをおすすめします。現地の人は、真夏の昼にはビーチなどで泳がないようにしているそうです。旅行客も、一番詳しい現地の人を見習うべきですね。

 

沖縄旅行では、日射病や脱水症状にも注意が必要となります。屋外にいると知らずと水分が失われているので、こまめに水分補給をすることが大切です。特に、赤ちゃんや小さな子供などは、自分からは水分を飲みたいと言えないことが多いので、大人は時間を決めて水分管理をしてあげましょう。日中屋外に出るときは、帽子を着用し、なるべく直射日光を避けることを心がけましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ